忍者ブログ

Love!Life!Learn!とりぷるL

引き寄せの法則、サムハラ神社の御神環、苫米地英人氏の自己啓発教材、X-Power、願望実現、古神道、kindleなど好きな事を広く深く書いています。また、食・健康・美容・掃除・開運・観光を両立させた新しいライフスタイルを模索中。夢・目標の実現に向かって日々の思考を記録し続けていき、自分にとっての理想的な現実を作りだせるよう頑張ります。

【Osho Zen Tarot】2017年の反省が終了、潜在意識は何を思い、反映するのか?

2017年1月~12月までの反省が終了しました。いやー長かったです。ひと月ずつ投稿するのはあっという間だったんですけれども。12本記事を投稿することになると思うとシンドイ作業でした。

何気ない毎日の中にも確実に進歩し、新しい習慣を作り、それが積み重なっての今ですからまあまあ満足出来た1年だったと思います。また、過労・ストレス・栄養失調による体調不良が今も続いていますから、今年は健康に気を遣う1年になりそうです。



【2017年を振り返る】2017年1月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年2月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年3月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年4月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年5月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年6月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年7月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年8月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年9月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年10月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年11月の日記を読んで思ったこと、反省など。
【2017年を振り返る】2017年12月の日記を読んで思ったこと、反省など。









2017年の反省が終わり、潜在意識は何を思う?


1月2日投稿の「【Osho Zen Tarot】人生のステージを上昇させるため、今週の課題は?潜在意識は何を知る?」と似ているかも知れませんが、このタロットに頼ってみたかったので・・・(笑)今まで毎月の反省をブログに残したことはありませんでしたが、今回からはしっかり反省し投稿し、読者に公開しています。



この反省の記録について潜在意識はどのように思っているのか?善悪の判断をしない潜在意識からの答えを受け取ってみようと思います!このタロットは今年かなりお世話になりそうな予感です(笑)





今回の結果は・・・「COMPARISON(比較)」


現実を直視しましょう。あなたより美しい人、才能のある人、強い人、頭の良い人、あるいは明らかに幸せそうな人はつねにいます。そして逆に、こうした全ての意味であなたに及ばない人も常にいます。

自分とは誰なのかを見いだす道は、他人と自分を比較することで得られるのではなく、わかっている最良の方法で自らの潜在能力を自分が実現させているかどうか、それを見ることによって得られています。



比較は劣等感を、優越感をもたらす。比較しなければ、すべての劣等感、すべての優越感は消える。そのときこそ、あなたは在る。ちょっとまわりを見てみるがいい。すべてが必要とされていて、あらゆるものが互いにぴったり合っている。それは有機的なひとつのまとまりだ。高いものは誰もいないし、低いものも誰もいない。優れているものは誰もいないし、劣っているものも誰もいない。誰もが比較できないほどユニークだ。



-----------------------------------------------


・・・という結果が出てきました。

最初にこのカードを見たときに「当たってるのかな?」と疑いましたが、そんなことはありませんでした(笑)確かに去年の反省をしていると、良いことも嫌な事件も目につきました。しかしその一方、「もっとこうしていれば・・・」という後悔、「人生が豊かな人はたくさんいるのに、自分の成長するスピードは遅い」と心の中で無意識に比較をしていました。

その「無意識レベルの比較の感情」をすぐさま見破られました。まさにこのカードの言う通りです。的中です。なぜ後悔の感情が浮かんでくるかといわれれば、それは比較があるからなんですよね。比較をするから自分が不幸に見えてくるんです。



でも潜在意識から見たらそんな比較は捨てるべきで必要のないこと、自分の潜在能力を発揮させるためには無駄な材料だということを語りかけてくれています。その「潜在能力」という単語は今年の重大なテーマでもありますから、更に驚愕です。

比較は必要ない、常に自分は自分、自分なりの方法で自らの潜在能力を発揮していくことが最大のテーマであり、人生を豊かに過ごしていく方法なのだろうと思います。


Courage 勇気 角川書店単行本
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-04)
売り上げランキング: 62,980


拍手[0回]

PR